【ダメ口コミ多数効果なし?】ケトジェンヌをおすすめしない理由

この記事では一時期話題になったケトジェンヌというダイエットサプリについて書いてみたいと思います。

飲むだけでケトジェニックダイエット(ケトンダイエット)が出来て脂肪燃焼体質になるという画期的なサプリがケトジェンヌです。

実は私もこちらのサプリは購入したのですが、2か月目くらいの途中でやめてしまいました。

その理由は健康被害のニュースが出ていたからです。

→ 消費者庁のケトジェンヌの健康被害の告知

ただ、私的には体質にあっていて副作用などもなかったですし少し痩せられたかも?という体感がありました。

それだけに、少し残念なニュースではありましたね。

健康被害がなければ悪くないサプリだと感じましたが、その辺は医者でもない私が保証できないので、ニュースが出た以上購入はおすすめしません。

あと、解約する際に解約料がかかるのもよろしくないなと感じました。

今現在はAmazonや楽天などの店舗で購入できないので、もしかしたら販売店自体がないのかもしれません。

そんなわけで、簡単にですがケトジェンヌについて見ていきたいと思います。

ケトジェンヌとは?ダイエットサプリとして人気があった理由とは

ケトジェンヌは健康被害が出るまでは大人気のサプリでした。

その大きな2つの理由について見ていきましょう。

1.ケトジェニックダイエットが気軽にできる珍しいサプリだった

ケトジェニックダイエットについて簡単に説明します。

ケトジェニックダイエットというのは、ケトン体質になることで脂肪をエネルギー源にして痩せるダイエット方法です。

普通の人は身体のエネルギー源は脂肪ではなくて糖質(ブドウ糖)です。

よって、糖質が先に使われてその後にようやく脂肪が使われるので、脂肪が減るまでに時間がかかるんですね。

一方で「ケトン体質」の人は、最初から脂肪がエネルギーとして分解されるので痩せやすいという違いがあります。

ケトジェンヌは簡単に言うと、サプリを飲むだけでケトン体質になるというダイエットサプリです。

今までケトジェニックダイエットのサプリってみたことがなかったので、ケトジェンヌはかなり差別化されたサプリだったと言えますね。

2.ケトン体質になることでリバウンドしにくい痩せ体質になれる

ケトン体質になることで、「痩せ体質になって、強制的に痩せられる」とまで言われています。

確かに、糖質じゃなくて先に脂肪がエネルギーとして使われるようになったらすぐに痩せそうですよね。

私もケトジェンヌを飲んでいるだけなのに2か月ちょっとで減量効果が多少感じられたので痩せ体質になる効果はあるのだと思います。

このように、体質を根本的に痩せやすく変えてくれる効果がケトジェンヌの人気の秘訣だったわけですね。

ケトジェンヌの消費者庁による健康被害ニュースについて

ケトジェンヌは人気のサプリだった一方で体に合わない人が一定数いたようでした。

特に飲み始めて下痢が出た人が一定数いたことから、消費者庁より以下のような注意喚起がなされました。

株式会社e.Cycleの販売する「ケトジェンヌ」と称する健康食品を使用したところ、下痢等の体調不良が生じたという事故情報が短期間に急増しています。今後の消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため、消費者の皆様に注意を呼び掛けます。

「ケトジェンヌ」を使用する場合は、身体被害が生じ得ることに御留意ください。また、当該商品の使用後に下痢等の体調不良が生じた場合は、速やかに使用を控えた上で、最寄りの医療機関や保健所に相談するようにしてください。

この注意喚起は、消費者安全法(平成21年法律第50号)第38条第1項の規定に基づき、公表するものです。なお、契約上の相談がある場合は、「消費者ホットライン188」を御利用ください。

出典:消費者庁

このような消費者庁のニュースに対して、ケトジェンヌの販売元のe.Cycleはすぐに商品の安全性の分析をしたようです。

そして、以下のように「ケトジェンヌの安全性に問題はない」と結論を出しています。

消費者庁より本商品をご使用された一部のお客様の中に下痢等の体調不良が生じたという情報が増加しているとして注意喚起が発表されました。

これを受け、弊社として改めて本商品の中に下痢等に起因する成分の含有量に関して分析を行い、920日に結果が出ましたので、詳細を下記の通りお知らせいたします。

成分の検査を実施した機関は「一般財団法人 食品分析センター」となります。

※検査機関の詳細に関しましては、下部の記載をご参照ください。

 本商品の成分を検査したところ、下剤に使用される成分としてはマグネシウムのみが挙げられました。

検査結果は以下の通りです。(詳細下記参照)

【マグネシウムに関して】

・下剤として使用する場合:2000㎎程度

・食品の上限摂取量:350㎎程度

①ケトジェンヌにおけるマグネシウム含有量 : 9.0㎎/100g

納豆におけるマグネシウム含有量:100/100g

木綿豆腐におけるマグネシウム含有量:130/100g

分析の結果、マグネシウムに関しては、下剤として配合される含有量をはるかに下回る量が確認されました。

 また、「難消化性デキストリン」及び「MCTオイル」についてのお問い合わせをいただくことが多いですが、こちらは特定保健用食品や機能性表示食品の有用成分としても扱われているため、11215粒程度を摂取した場合でも下痢等を引き起こす可能性は極めて低いと考えられます。

今回の調査結果を受け、本商品は適正・安全性を保持していると認識しております。

弊社におきましては、尚一層の品質管理の向上・徹底に努めてまいりますので、ご理解、ご了承を賜り、今後とも弊社商品をご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

出典:ケトジェンヌ分析結果

実際のところ、ケトジェンヌはめっちゃ売れていたサプリなので体に合わない人も一部いたんだろうなとは想像できます。

ただ、消費者庁からニュースが出たという点で積極的におすすめはできないサプリかなと感じますね。

ケトジェンヌを実際に使っていた私の体感や効果

ここでは、ケトジェンヌを使っていた私が感じていた体感についてお伝えします。

消費者庁からニュースがあったとは言え、私は全く下痢などの副作用はなく使うことができました。

ただ、飲み始めは特にこれといって体感がなかったので「本当にこれでダイエットできるのかな」と不安な気持ちになったのを覚えています。

ただ、飲み始めて3週間くらいで急に体重が落ち始めて、そこからは2か月で2キロほど痩せることができました。

しかもリバウンドも特に感じませんでしたし、運動などもしていません。

カロリー制限をする置き換えダイエットに比べると体重が落ちるまでに少し時間がかかりましたし、劇的に減ったわけじゃないですが、サプリ飲んでいるだけなのでビックリしましたね。

ただ、そのタイミングで健康被害のニュースが出たので念のため飲むのをやめたという感じです。

体感があったので飲み続けていたらどうなっていたんだろうと思いましたが、途中で変な副作用とかでたら嫌だなと思ったのが一番の理由です。

ダイエットサプリは他にもいっぱいあるのでこれに固執する必要はないですしね。

で、こちら購入時にちらっと見ているだけであんまり気にしていなかったのですが、解約の際に解約手数料がかかります。

その分、毎月安く購入できるので仕方ないですが、この辺はイマイチ好きじゃないですね。

以上を踏まえて、仮に飲むにしても自己責任で飲むのがおすすめです。

SNSやアットコスメなどのケトジェンヌの口コミや評価

続いてはケトジェンヌの口コミや評判を見ていきたいと思います。

ここではTwitterやアットコスメなどの口コミをまとめました。

半年飲み続けてますがまったく体重は減らない。
個人差とかの問題ではない。

出典:アットコスメ

 

Ketosienne(ケトジェンヌ)は、全く効果がなく、逆に体重が増えたため、解約すると、4回分支払わないと解約できないと言われた。宣伝広告には、30日以内であればいつでも解約できると記載されていたため気楽に申し込んだが、「初めに郵送した規約にも記載している」と言われた。悪質な会社。「4回分支払うのがイヤだったら消費者センターでも泣き付けばいい」とおうへい横柄な態度で最悪の対応だった。
全く効果はありませんので!!!

出典:アットコスメ

ケトジェンヌの口コミについてのまとめ

ケトジェンヌはとにかく酷評が目立っていました。

半年ほど前のTwitterだと良い口コミも多かった印象でしたが、今は酷評ばかりですね。

その理由は、おそらく「使っていて体感があった人」は私のように不安を感じて離れてしまい、そして消費者庁のニュースを知らずに購入した人が後からニュースのことを知るからだと思われます。

効果については個人差があると思いますが、解約時の手続きについては私個人的にもどうにかならないかなと感じましたね。

いずれにしても、今現在は良い口コミよりも悪い口コミの方が目立っていました。

ケトジェンヌの成分とその効果と副作用・アレルギーについて検証

続いてはケトジェンヌの成分とその効果について検証したいと思います。

ケトジェンヌは以下のように全成分が公開されていますね。

中鎖脂肪酸油、亜麻仁油粉末(大豆を含む)、難消化性デキストリン、デキストリン、オリーブ葉末(殺菌)、サジー抽出物、明日葉末、スピルリナ原末、大豆胚芽抽出物/ゼラチン、加工デンプン、ステアリン酸カルシウム、微粒二酸化ケイ素

どのようにケトジェニックダイエットを実現しているのか見ていきましょう。

MCTオイル

MCTオイルは、ココナツやパームオイルに含まれる天然成分です。

ケトン体質を目指すのにもっとも重要な成分の1つですね。

中鎖脂肪酸であるMCTオイルはケトン体を作り出す効果があり、糖質の代わりに脂肪が使われる状態を引き起こします。

繰り返し摂取することで、ケトン体質に近づくことが出来る成分です。

アマニ油

アマニ油は「オメガ3脂肪酸」の1つです。

中性脂肪の合成を抑えたり、代謝を上げる効果があるので、ケトンダイエットのサポート効果が期待できます。

食物繊維

ケトジェンヌには、難溶性デキストリンなど食物繊維も配合されています。

食物繊維は、便通をよくしたり、善玉菌のエサになることで、腸内環境の改善をサポートしてくれます。

腸内環境の改善すると、消化や代謝の機能が正常化して、ダイエット効果につながります。

副作用やアレルギーについて

ケトジェンヌは先ほども見たように消費者庁から下痢の注意喚起が出ています。

ですので、お腹が弱い人は避けた方が無難かもしれません。

成分的にはアレルギーの特定原材料の大豆が入っているので大豆アレルギーの人は注意が必要です。

まとめ

ケトジェンヌは「ケトジェニックダイエット」という今までにないダイエットができる画期的なサプリでした。

そして、個人的には少し体感が感じられたので決して品質は悪くないなと感じました。

その分、健康被害のニュースについては残念でなりませんでしたね。

また、解約のトラブルなどの口コミもあったのも気になりました。

今現在は楽天やAmazonなどで購入できませんし、公式ホームページでも購入できなくなっています。

→ ケトジェンヌの公式HPはこちら

今後、再販するかは分からないですがメーカーに要望があるとしたら安全性検査の徹底と解約縛りなどはどうにかしてほしいなと思います。

ということで、参考になれば幸いです。

販売元情報

会社名 株式会社TOLUTO

※ 以前は株式会社e.Cycle

住所 渋谷区桜丘町26-1
代表者名 佐々木信一
資本金 300万円
事業内容 ERUFLEブランドの運営